世界大会 推手 筋トレ 養生推手

バーピープラスアルファ

投稿日:

私は武術の練功も大事にしていますが、それと並行してスタミナのある体作りもすごく大事にしています。

競技推手の土俵に上がる以上、スタミナがないというのは弱点の1つになるからです。

また濃厚な練習を長時間休まず続けることができなくなる、そういった理由からスタミナづくりには人一倍力を入れ続けてきました。

そのため、台湾での出稽古でも100キロ超級がごろごろ並ぶ中、私が元立ちでやって、彼らだけがスタミナが切れてへばり、相手のいなくなった私は1人で四股や鉄砲をやり彼らの回復を待ってまた練習といったような状況にまでなりました。

スタミナは大事です。中年でどこまでこれから上を目指せるか分かりませんが、できることは悔いのないように全部やりたいのです。

 

-世界大会, 推手, 筋トレ, 養生推手
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

応用腕封じと崩し

相手の両腕を片手で封じつつ崩しで無力化し、自分だけが攻撃できる体制を作っています。封じることができても、崩しが同時にできていないと相手にすぐ対応され、効果は半減します。滑らかに使えるようになるまで、結 …

no image

姿勢の不利を理解し克服する。

低い姿勢から斜め上に推されると、かなり耐えづらいのですが、骨格の使い方、接点の無力化、推した作用を左足の下に流し重心の安定化ができると、ある程度は対処できます。推されたことに意識が行き過ぎて、上半身が …

no image

最小限をテーマにした自由推手、これらの動画をまとめました。

私はすごく強調して言っていることの1つが、ランダム性の中で最小限の動き最小限の力で相手を崩すことです。 最大限の力、最大限の動きでやるのもいいのですが、最小限で体現できるほうが大事である、そう考えてい …

no image

加重懸垂にハマる

加重懸垂に挑戦してみました。20キロまではそんなに辛くなかったので30キロまでやりましたが、急にきつくなり3回でギブアップです。重量級の人が懸垂したときの気持ちがよく分かりました。 pic.twitt …

no image

師の指導風景、最良のタイミング

私の先生の指導風景です。相手の推しを一定の間受け止め、一番いいタイミングで切り返しています。無力化がうまくないと、理屈が分かってもこの技術はなかなかできませんが、最小限の力で相手を崩すためには必須の技 …