「 自由推手 」 一覧

no image

4年前、台中での練習風景から

4年前、台中での練習です。めちゃくちゃ強い重量級の選手が大勢いるので、大陸式活歩も含め、練習させてもらっていました。深夜まで練習したら新幹線がなくなり、ホテルに泊まる、これを年に何回かやる日々でした。 …

no image

腕取りからの切り落とし

先生と自由推手です。手首を取られたので、逆に取り返し腕技に移行しようとしましたが、察知されました。前に推しだすと見せかけ、拮抗の瞬間下に落とされています。変化技を連続されると、対応はとても難しいのです …

no image

養生テイストで自由推手100キロ兄弟弟子

兄弟弟子と自由推手です。10回攻撃されたら1回返す程度、ほぼ受け身でやっています。相手は体重が100キロあるので、連続で推されるとしんどかったのですが、守りの安定姿勢に頼らず、攻撃に合わせて動くことと …

no image

持続する出力、一例。

先生と自由推手です。持続する出力の使い方の参考例です。推すときは全力で一瞬だけ強くバンと推すよりも、反応を見ながらじんわりと推していくほうが、実は効果があります。耐えられずに硬直し、不安定になるからで …

no image

チーサオから締め技へ

たまにはチーサオから遊び技もします。彼は特に関節技や締め技に興味があるので、崩した後に軽く締めてみました。崩しても転ばないように抵抗するので、その力と硬直反射を利用することで、楽に転ばすことができます …

no image

自由推手攻防

先生と自由推手です。先生とやるときは、腰高にして安定性を減らし、先手を取らせてから対応します。私のほうが重いことと、何よりもハイレベルな人相手にも、先手勝負に頼らずにやる技術をより精彩化したいため、勝 …

no image

兄弟弟子、活歩推手一閃

活歩の競技推手です。ルールの制限が厳しく、足掛け、腰乗せ、クラッチ、捨て身投げなどが禁止され、自分の足裏以外が床につくこともだめなので、投げには相手の硬直反射と力を利用する必要があります。押して拮抗し …

no image

チーサオで顔面を打たれる

先生とチーサオライトスパーです。軽めですが、後ろに吹っ飛ばすぶちかましは結構きつめなので、これを食らわないようにしようとすると、顔面が無防備になります。顔面を打たれるとすぐ硬直し、またいいように吹っ飛 …

no image

活歩推手、差し合いの防御と崩し

活歩の競技推手からです。脇の差し合いで優位性を取って投げたり崩したりするのですが、脇を差す瞬間に防御と崩しを同時に行う技術です。差す力が強いほど、その力を利用され重心を上げられてしまいます。これを瞬時 …

no image

チーサオ初動で優位性を取る

兄弟弟子とチーサオです。交差して防御しているはずの腕ががら空きになって、手刀が顔面に入っています。私の得意なコンビネーションの1つです。これを仕掛けると、直接当てなくても相手は硬直するので、崩して重心 …