「 自由推手 」 一覧

no image

小念頭テイストチーサオ

詠春の套路、小念頭の技術を教えている動画です。一見応援団の動きにしか見えないのですが、攻撃でもあり、防御でもあり、誘導技術でもあり、防御と攻撃を同時に仕掛けたり、重心を変化させたり、幅広く使えます。競 …

no image

詠春、バランス練功

対人により発生する不安定の中でのバランス感覚が鍛えられ、柔軟性、足裏、足指、筋持久力、相手の動きに合わせる感覚が磨かれます。この練功も欠かすことはできません。私は1人でも無理やりやってます。詠春の練功 …

no image

交差と崩し

私が提唱している連結、無力化、誘導、崩しはチーサオの場合も同様です。推手は、崩しからさらに崩しまたは投げへ移行しますが、チーサオは崩しから打撃の選択肢につなげます。チーサオと推手は一見違うものですが、 …

no image

台湾の日常、先生との投げありチーサオダイジェスト

私の先生を自慢したくて、ダイジェスト動画を作りました。推手では渡り合えますが、投げありチーサオでは、まだまだ先生の強さに届きません。連結、無力化、誘導、崩し、この流れの攻防を仕掛けるタイミングが神がか …

no image

推手の技術を打撃で体現。無理なく楽しく詠春拳。

競技推手で培った技術と感覚を用い、自由チーサオをやっています。バチバチ速く強く打たず、チェスのように相手の反射を接点から読み、崩しながら優位性を取れるタイミングと位置を探っていきます。このやり方だと、 …

no image

推手の技術を打撃で体現

私は詠春拳のチーサオで、推手で培った技術と感覚を多く活用しています。わざと受けさせ、接点を増やしたり、崩しが多いのも特徴の1つです。これを「推手の技術を打撃で体現」と呼び、大事にしています。動画では三 …

no image

2019年12月最重量級チャレンジ140キロ対85キロの決勝戦

昨年12月に挑戦した台湾全国大会、最重量級チャレンジ。85キロ対140キロの決勝戦前半後半をダイジェスト版にし、感想を字幕に入れて編集しました。一言で言うと、体重差55キロは超重たかったです。http …

no image

2020年3月13,14,15日、東京セミナーを実施します。

日本渡航に関して、台湾は制限が厳しくなった件もあり悩んだのですが、3月13,14,15日、予定通り東京セミナーを実施します。会う約束をした方、楽しみにしてくださっている方がいるので、健康管理に最大限配 …

no image

毎日完全燃焼しています。

稽古の裏側を動画にしました。先生に限界まで追い込まれるのは日常ですが、週に5日やる様々な対人練習でも、ぶっ倒れるまで自分を追い込むようにしています。後輩ばかりなら元立ちになり追い込む、足りなければ四股 …

no image

バランス力と膝関節蹴り

大病を患っていたときは、片足立ちで数秒立つことすらできなくなり、当時は絶望していました。それから10数年たち、病気を発症する前と同じぐらい回復した気がします。バランス力は、競技推手をやる上で絶対不可欠 …