comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

老師指導風景、後の先詠春、養生推手の技術

老師の指導風景からです。後ろに下がりながら、優位性を取れる技術の1つです。養生推手、詠春拳ではよく使われる動きですが、相手に推されると体が反応して硬くなり失敗しがちです。体を固めずに相手の動きに合わせ …

no image

試合形式で最小限を体現

最小限の力、最小限の動きを意識して試合形式でやりました。相手の動きを推測し、抵抗できない角度と推し方を保持し、推されていることに意識を向けさせ、崩しています。精神に連結をかけると、こんな感じで抵抗を抑 …

no image

140キロと自由推手、テーマ完封

140キロの若者と自由推手、テーマは完封です。体重差があるので、少し油断したら失敗します。成功するには、硬直反射をすぐ作るように事前に仕向けることです。スピードの緩急、取り手争いの圧力、接点での小さな …

no image

腕抜き返し応用

左腕を引かれてから対応する技術です。 まず少しだけ腕を引かれ、一番強度の強いタイミングを逃れたらそこで引きを遮り、体の動きを合わせて対応していくものです。 腕力だけでやると破綻します。 一瞬しかない最 …

no image

2022 10 27肩取り投げ

先生と活歩推手、大会直前で猛練習の日々でした。 胸を貸してくれるので、がっちり組み合うことができます。 本来先生の取り手争いの技術がすごくて、組むのはなかなか難しいのです。 がっちり組んだ反応が生きて …