世界大会 推手

世界大会、ヤングチャンピオンとの激戦を振り返る。

投稿日:

この動画の相手は、台湾では名門団体でほぼ各階級優勝を根こそぎ持っていく、エントリーしたらその参加階級の選手は皆顔が青ざめる、そんな団体でも若手でブイブイ言わせている優勝歴の多いいわゆる強豪です。

この大会の前に国体があり、ここでも入賞を果たし、優勝は先輩に譲った、それだけのことで実力的には実はかなり脅威でした。

動画を見て分かるのですが、私は圧勝しました。それはなぜかというと、彼の国体の試合を全部見て対策を練っていたからです。

夢に出てくるまでずっと対策を練りに練って練りまくりました。

普通の選手は、あの上段に構えたやり方で腕を抜かれ何もできずに終わります。

腕を抜く力と速さが並大抵ではないのです。

一見上段に構えると不利になるんじゃないかと感じるのですが、彼にとっては基本スタイルで、一気に腕ごと体を持っていかれます。

私はこの対策を徹底的に考えに考え抜きました。

人の腕は伸ばし切り力を出しつくすギリギリのときが、一番抜き技に弱いのです。

なので私はギリギリの手前または腕を出さない、または腕を出しても全力で推したりしない、腕をつかんだら、中心の位置に誘導する、こういったランダム的なパターンを数個作り、彼を体感的にかき回しました。

戦術の効果でこのように圧勝することができたわけですが、基本パターンで戦ったら逆の結果となっていたと思います。

競技推手は一見ただの押し引きと誤解されがちですが、実は0.何秒の間のせめぎ合い、探り合い、誘い合い、誘導、硬直そして技術につなげる等々、かなり奥深いです。

特性を分析し戦術を練るなどを含めたらそれはそれは、まるで戦うチェスとでもいうような、それほど細かいことが要求されるものです。

この奥深さに魅了され、私はいい年したおっさんですが、妻に体を壊すから心配なのでやめてほしいとと言われながらも、血反吐をはくような努力を日々繰り返し、大会にいつも備えているのです。

 

-世界大会, 推手
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

老師による活歩投げ指導

先生による活歩の競技推手で使用する投げ技の指導風景です。 まず前に出て相手と拮抗、相手が対抗しようとする力と硬直反射を利用して、軌道を変えて投げるというものです。 成立するタイミングは一瞬しかありませ …

no image

円回転のチーサオ

接点に縦回転の円を加え、相手を無力化する技術です。動画でも説明していますが、推手だと円回転を与えて吹っ飛ばすか吸い寄せれば済むのですが、チーサオでやる場合、影響を与える力の方向をかなり繊細に操らねばな …

no image

チーサオ、兄弟弟子を封じる。

昨年7月、兄弟弟子とチーサオです。両腕を封じる技術と、それに抵抗したら殴る、崩す、投げる、この流れがスムーズになったと実感した頃です。この技術は、とても好きです。習得できたとき、涙が出るほどうれしかっ …

no image

2021 5 6張さんに後の先技術指導

わき腹を推されても硬直させず緩め、推された分だけ動かし無力化してから返す技術です。推される前から逃げて動いたり動作が大きすぎると、相手の力を利用して返すことが難しくなります。どれぐらいの動きと力か、察 …

no image

ちょっとだけ強めに兄弟弟子と競技推手

兄弟弟子がもう少し本気出してやってほしいというので、姿勢は高めでちょっと推しを強くして、定歩の競技推手をやりました。最初は驚いていますが、この程度の推しなら腕をつかむなどの突破口が思いつきます。ただし …