世界大会 推手 筋トレ

私にとって嬉しいことの1つは、私のトレをチャレンジしてくれる人がいることなのです。

投稿日:2019年9月10日 更新日:

私は様々なトレをやっています。独自に独創的に自分の体に聞きながら、そして今の自分に足りないものはなんなのか。

怪我のリスクを極力減らしつつ、今の自分に一番効果の高いもの、そう考えてやっているトレがたくさんあります。

これをジムでやると指をさして笑う人もちらほらいました。

数年間はそういう状態が続きました。

ここ最近は見た目はこっけいでも真似するのは難しい、そういうことが分かってもらえたようでさすがに露骨に馬鹿にする人はいなくなりましたが。

台湾での話なので、日本の場合はどうかなと少し気になっていたのですが、ちらほらと私の独創的なトレを発信してみることにしました。

そうしたところ、葛西チャレンジという形で挑戦し動画を出してくれる方がちらほらと現れ始めたのです。

私にとっては実は涙が出るほどうれしいことなのです。

馬鹿にされていた時期のほうが長かったので、このように関心を持って挑戦してくれる人がいる、とてもありがたいことなのです。

これからもさまざまな独創的なトレを日本に発信しようと決意させてくれました。

 

 

-世界大会, 推手, 筋トレ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自分の力を自分に返す

兄弟弟子と自由推手です。 相手の推しの力が、自分に返っていくようにする技術を使っています。 1発目2発目は自分の力も追加して補正、3発目はなるべく相手の力をメインにしてやっています。 体格差があるので …

no image

2022 1 8老師と自由推手仕留める

先生と自由推手です。 バチバチやり合わず、硬直反射の取り合いを積み重ね、一番重心が安定しない状態まで小さく詰めていきます。 一発で仕留めようとすると、対応して逆にしんどい技で返されるので、小さな技を仕 …

no image

2021 12 9老師と自習推手採用版1

先生と自由推手です。 互いに胸と肩の硬直反射を狙い、そこから持続する出力を使っているのですが、私の方は硬さがあるので指摘されています。 硬さがあると瞬間的には力を出せますが、さらに追い込む出力がしづら …

no image

国体選抜初挑戦の兄弟弟子、練習風景

国体選抜戦初挑戦の兄弟弟子と練習です。選抜戦は今年から各地区各階級1人だけで、前回の半分に減らされました。彼の対戦相手たちは、みんな私がいろいろ教えている練習仲間なので、彼1人だけをひいきするわけにい …

no image

養生推手で対応する(呼吸の意識)

養生推手の技術で自由推手をやります。柔らかく受け流しているつもりでも、推しの影響を受けると呼吸が乱れ、体は硬直しやすくなります。特に胸を押されると影響を受けやすいので、その中で呼吸を乱さない意識付けは …