推手 養生推手

相手の推す力の最大限、最小限の理解とコントロール

投稿日:

相手が推してきたとき、最大限の効果、最小限の効果が発生する位置があります。

この位置を理解し、最大限が終わったところで、かつ相手がまだ押し続ける、この状態に体の反応を使ってだましながら相手に続けさせます。

その作業が終わり、相手が乗ってきたら最大限を通過したところでほんの数センチ引きを入れることで、相手の推しを完全無力化と安定性の破綻を作ることができます。

文章にまとめると非常に簡単なのですが、この技術も死に物狂いで数年かかってやっと習得したものの1つです。

まず変な反応をすると相手は押し続けてくれません。

押し続けさせながら、かつ自分は不安定な体制になろうと不安定にさせない、この理屈を体現するのに本当に時間がかかりました。

これらができてうれしいと喜んでも、その次の作業を混ぜると破綻します。

数センチの引き、この引きがちょっとでも多くても少なくても成立しないのです。

あがきにあがきました。毎日あがいて習得できない自分の無能に怒りながら、必死でやり続けたのです。

習得した今だからこそ笑い話ですが、中国語も完全に話せるわけでもない中、難解な武術用語の理解も足りないままに必死で練習し、苦労に苦労を重ねこの技術の理屈を文章化もできるし体現もできるようになったのです。

解析してわかりやすい言葉に置き換える作業ができるようになるのにも、またそれ相応の時間がかかりました。

この技術は、私の努力の結晶の1つなのです。

-推手, 養生推手
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

養生推手活用法

養生推手の動きをそのまま使っています。相手に推された部位を力ませず、沈みながら骨盤の位置を変え、推される効果を無力化します。無力化しながら後ろの足の力を少し出すと、相手は変化に耐えられず崩れます。この …

no image

先生をきれいに投げる

先生との活歩推手ですが、今まで稽古した長い年月の中で一番無駄なことをせず、きれいに投げることができました。最小限の誘いで反応を引き出し、それに合わせて無駄な力を使わず体をつれていくだけで投げることがで …

no image

2021 11 25老師と自由推手採用版⑥

先生と自由推手です。 先生の左手取りは、事前に察知しないと間に合わないので、かなり警戒しないといけなくなりました。 今回は、察知できたので対応していますが、推し技は推す時間に変化をつけてきているので、 …

no image

2021 12 9 肩による体当たり

先生と自由推手です。 肩を使った体当たりを食らいました。 足を動かす活歩の競技推手では、好んで使う人もいるのですが、定歩では珍しいです。 私もまさか使うとは思わず、もろに食らいました。 重心を引き寄せ …

no image

2022 4 7老師を抜く

先生と自由推手です。 推す力を利用したいのですが、普通に誘うと反応が速くて引っかかりません。 誘いを成功させるために、相手の推しに対し拮抗すると見せかけています。 拮抗すると相手が思い込むギリギリまで …