「 太極拳 」 一覧

no image

競技推手の定歩推手、裏の裏をかかれる

最近先生に、得意なスタイルの流れを予測されことが多くなりました。拮抗から瞬時に転じ、数パターン裏をかくのが私のやり方ですが、裏をかいた方向についてこられると、逆に私にスキができます。前から右、右から後 …

no image

しっかり組んで投げる

先生とやるときは、しっかり組めれば投げることができます。以前はバランスと反応の良さ、圧倒的なスピードがあるため、組めても投げることができませんでした。加減してくれているときは組ませてくれますが、本気を …

no image

得意技、斜飛

私の得意技です。一流選手は両手に触れた瞬間に察知して回避しますが、今はそれでも投げれるようになりました。相手の両手を取りながら一歩踏み込みつつ、肩関節に圧をかけて硬直させながら重心を上げます。その効果 …

no image

崩して浮かす

軽く引いて反応を作り、縦回転の円運動で崩しながら重心を引き上げ押し出します。肘や頭で相手の胸に打撃を加えて吹っ飛ばす形式だと、痛みや怪我のリスクがありますが、これだと怪我させず崩しと誘導の感覚が理解で …

no image

養生推手の感覚を自由推手で体現

自由推手です。相手は全力で自由に仕掛けてきますが、事前に何をするか予測し対応しています。推されたら対抗せず、硬直せず、接点を切らず、押される流れに合わせ、可動域をギリギリまで増やし、影響が弱くなる所で …

no image

受け身指導風景

兄弟弟子たちも競技推手をやり始めたので、受け身を練習しています。1人でやるもの、基本的な投げでやるもの、投げの最中に小さく軌道を変える技にも対応するものと段階があります。この流れで丁寧に覚えると、安全 …

no image

崩しを多用したチーサオ

チーサオで推手の技術を体現しています。推手よりもタイミングが短いので難しいですが、小さな圧と反応を利用し自分だけが仕掛けられる状況を作ります。競技推手、自由推手、養生推手、そしてチーサオでの打撃で体現 …

no image

2017年の養生推手風景

3年前の推手風景です。大会でも強豪をなぎ倒して優勝し、先生の技術を少しずつ体現できるようになった頃ですが、振り返って見ると粗さが目立ちます。一定の条件を破綻させず成立できても、どれだけ精細化するか、ど …

no image

打撃で体現、粘力と崩し

相手の本能的な反射を操って無力化しながら吸い寄せ、自分だけが優位性を取る技術です。推手で体現し、チーサオでもある程度体現できるようになりました。あとは制限をある程度解除しても、武器などを織り交ぜても、 …

no image

姿勢プラスアルファ

姿勢がテーマの指導風景です。姿勢の作り方は様々なパターンがあるのですが、それだけではだめで、そこから相手に合わせたプラスアルファをすることによって、大きな武器になることを教えてくれています。動画の技術 …