「 活歩推手 」 一覧

no image

猛ラッシュの投げを回避する

以前は先生の投げを一発も耐えられず、投げられていました。今は、毎日のような猛稽古のおかげで、数発連続で仕掛けられても、耐えることができています。ただし、そこから押し出しのコンビネーションを使われると、 …

no image

受け身指導風景

兄弟弟子たちも競技推手をやり始めたので、受け身を練習しています。1人でやるもの、基本的な投げでやるもの、投げの最中に小さく軌道を変える技にも対応するものと段階があります。この流れで丁寧に覚えると、安全 …

no image

投げ込み稽古トレ

先生に勧められたので、取り入れたトレーニングです。見た目より難しく、一定量の重さにすると動きが正確にできなくなりバランスを崩します。この一連動作はただの筋トレではなく、相手を引き付けて崩しつつ、投げで …

no image

崩しを多用したチーサオ

チーサオで推手の技術を体現しています。推手よりもタイミングが短いので難しいですが、小さな圧と反応を利用し自分だけが仕掛けられる状況を作ります。競技推手、自由推手、養生推手、そしてチーサオでの打撃で体現 …

no image

お尻と脇腹ストレッチ

体の可動域が1センチ広がるだけで、ランダム性の中で硬直しづらくなり、強引な力に頼らず相手の力を利用する感覚が理解でき、推手は劇的にレベルが上がります。特にお尻と脇腹を柔らかくすることで、その変化がすぐ …

no image

一人投げ練習法

投げ技の1人練習法です。バランス感覚、誘導の仕方等、様々な要素が入っており、相手を無駄な力なく投げることができるようになります。詠春の兄弟弟子も、競技推手を練習するようになりました。試合には出ませんが …

no image

腕取りを返して投げる

腕に巻きつかれたとき、不用意に力づくで返そうとすると、4パターンの推測できない投げのどれかを食らいます。そのため力まず硬直せず、腕を巻かれた体勢を諦めさせる必要があります。最近やっとそれができるように …

no image

顔面から落とす

兄弟弟子と先生の活歩勝負です。彼はかなりバランスがよく、投げをしのぐのがうまいのですが、それでもやられてしまうため、積極的に前に出るようになりました。前に出れば投げを被弾する確率が下がるという考えです …

no image

打ち込み稽古の風景

打ち込み稽古風景です。先生の技は、崩しも投げの角度も切れ味が鋭いので、加減されても受け身を間違えるとどこか痛めます。この切れ味を体で嫌というほど理解したおかげで、道着に頼らない投げ、制限が多い中でも成 …