「 自由推手 」 一覧

no image

懐かしの後の先練習風景

数年前の練習風景です。この頃は、後の先の技術でだいぶ頭を悩ませていました。推されれば体は固くなり対抗しようとします。その理屈が分かって力まないようにしても、そこから相手の動きや力を飲み込むことができな …

no image

無力化祭りの自由推手

相手は自由に崩しを仕掛け、こちらは全て無力化する、そんな感じで推手を楽しみました。推されたときに硬直すれば崩れるし、硬直しなくても別な箇所から連続で仕掛けられると重心は不安定になります。自由推手は勝ち …

no image

活歩推手と課題

競技推手をやる上で絶対に避けられないのが活歩推手とチャンバー(差し手争い)です。私はもともとチャンバーが得意だったのですが、裏をかくやり方を、先生は今年から主体にしているので、何もできなくなりました。 …

no image

限界までやる

普段編集でカットしてるシーンです。先生とやるときは、ぶっ倒れるまでやります。毎日のように限界まで追い込まれるので、他の強豪選手とやるときはかなり楽になりました。ここまで稽古をつけてくれる先生はなかなか …

no image

多くのハンデを付けての自由推手

体重約20キロ差+相手に先に仕掛けさせる+いなさずにがっちり受け止めるからのスタートで、自由推手をやりました。今は体重差対策は、技術もフィジカルもかなり万全になってきているので、こういうハンデを多く絡 …

no image

師への感謝を動画に載せて

自由推手練習動画に、私の思いをテロップに載せてみました。私を持て余さず全力で受け止め稽古をつけ、そして今も高みに連れていってくれる先生に、感謝の思いを言葉にしました。先生がいつも全力で稽古をつけてくれ …

no image

2020.3.10チーサオダイジェスト

先生とのチーサオです。前に圧を出し続けることでいいところが何本か取れたのでガンガン攻めましたが、通る突きで倒れたり顔面に肘をもらい難儀しました。ランダム性の中で、打撃を瞬時に崩せる精細さを身に着けられ …

no image

2020.3.17胡坐推手

先生と胡坐推手をやりました。360度の概念と足の動きと力が使えないので、体重差を埋めるのが難しいです。色々な方から、胡坐推手は投げられない崩せないと声をいただいています。この難しさが、また逆に一番いい …

no image

らせん指導

最初は接点の面積をより増やし接面に変えることで、より楽に崩す技術を教えている風景です。後半では、接点への小さな圧を維持し、らせんの動きを加え、なでるような力で、容易に崩しています。魔法のようなものなの …

no image

2020.3.8打撃で体現

最も大事にしているテーマ、推手の技術を打撃で体現です。一見するとバチバチやらないチーサオにしか見えませんが、接点をフル活用して崩し、自分だけが攻撃できる状態を作ります。速く打たず接点を作ってから崩す、 …