新着記事
no image

2020.3.10自由推手ダイジェスト

先生は国体が近いので、かなり気合が入っています。台北で私と20分間連続で競技推手的なことを付き合ってくれる人は、今は先生しかいません。他の方は、5分もたないのです。先生のおかげで私も強くなれました。そ …

no image

通る突き

私の先生は、いわゆる通る突きを常時使ってきます。軽く打たれても、その瞬間無駄に固まると、かなり響きます。逆に、この動画では私が通る突きを一発出してますが、先生は受ける時、固まらずにうまく流しています。 …

no image

140キロ、指導風景

仲間が強くなると、一緒に練習する自分ももっと強くなれる。先生から習った大事な事の1つです。相手の力を利用する技と身体操法を、140キロの兄弟弟子に教えてみました。私程度だと浮いて吹っ飛びます。これをラ …

no image

140キロ兄弟弟子との自由推手

昨年12月、最重量級チャレンジで決勝戦であたった140キロの兄弟弟子と自由推手です。彼とは昨年秋から練習するようになりましたが、55キロの体重差に圧倒され、体重差を埋める努力を課題として今も続けていま …

no image

胡坐推手

胡坐推手です。座ってやることで安全性がより高くなりますが、普通に推したり引いたりしても崩れないので、より難しくなります。首、鎖骨、喉、頭を接点にすれば容易なのですが、それは禁じ手とするので、最小限の力 …

no image

兄弟弟子との自由推手

兄弟弟子と自由推手をやりました。自由推手では課題を決めそれを体現する、これを先生から意識するように言われています。私は先生からすでに達成すべき課題をずっと言われていますが、100パーセント達成できず日 …

no image

小念頭テイストチーサオ

詠春の套路、小念頭の技術を教えている動画です。一見応援団の動きにしか見えないのですが、攻撃でもあり、防御でもあり、誘導技術でもあり、防御と攻撃を同時に仕掛けたり、重心を変化させたり、幅広く使えます。競 …

no image

2020.3.3活歩ダイジェスト

2020/03/04   -未分類

活歩推手です。普段国体選手とやっているときは、100キロ越えの方たちですら私を投げることはできないし、私に圧倒されて終わるのですが、先生とやるときはこんな感じです。少しでも疲弊した素振りを見せるとガン …

no image

詠春、バランス練功

対人により発生する不安定の中でのバランス感覚が鍛えられ、柔軟性、足裏、足指、筋持久力、相手の動きに合わせる感覚が磨かれます。この練功も欠かすことはできません。私は1人でも無理やりやってます。詠春の練功 …

no image

交差と崩し

私が提唱している連結、無力化、誘導、崩しはチーサオの場合も同様です。推手は、崩しからさらに崩しまたは投げへ移行しますが、チーサオは崩しから打撃の選択肢につなげます。チーサオと推手は一見違うものですが、 …