「 チャンバー 」 一覧

no image

服をつかみ、同体を狙われても投げる

投げが成功してもこらえて同体に持っていかれる。最近はこれが苦手で難儀していました。大会直前でしたが、やっとそれもできるようになりました。投げが成立したと思っても、相手は死に物狂いで食らいつきます。気を …

no image

活歩推手、チャンバーテクニック

活歩推手の弱点強化が課題のため、先生とがっちりやる時間がさらに長くなりました。腕取りで左右に意識を散らし思いっきりぶつかってくる、先生の得意なスタイルですが、これをやられると止められず吹っ飛ばされてし …

no image

打ち込み稽古、肩関節投げ

打ち込み稽古風景です。投げの前段の崩し、角度や軌道が甘いと、踏ん張られます。このおかげで手を抜いて投げることはできないし、どうすれば効かせた投げができているのか、体でよくわかります。この練習形式と指導 …

no image

しっかり組まずに投げる

脇を刺して組んでも、制限が多いので投げるのは大変なのですが、脇を刺さずに投げる、これを活歩推手試合中に体現しました。相手が意地でも組ませようとしないので、上腕を接点に推し反発を待ち、反発した力をフルに …

no image

裏投げを回避してやられる。

後ろを取られても他の人ならすぐに切り返せるのですが、先生とやると裏投げをされないために、必死で回避し続けるしかありません。今回は裏投げと見せかけて、通常の投げにシフトされました。この時に足の位置を切り …

no image

しっかり組んで投げる

先生とやるときは、しっかり組めれば投げることができます。以前はバランスと反応の良さ、圧倒的なスピードがあるため、組めても投げることができませんでした。加減してくれているときは組ませてくれますが、本気を …

no image

得意技、斜飛

私の得意技です。一流選手は両手に触れた瞬間に察知して回避しますが、今はそれでも投げれるようになりました。相手の両手を取りながら一歩踏み込みつつ、肩関節に圧をかけて硬直させながら重心を上げます。その効果 …

no image

正統の投げ

先生と1時間近くバチバチやった後は、兄弟弟子と活歩推手で仕上げます。疲れがひどいのですが、無駄な力が一切使えなくなり、切れ味がよくなります。小さな駆け引きをし、相手が反発する力と重さをタイミングよく利 …

no image

崩して浮かす

軽く引いて反応を作り、縦回転の円運動で崩しながら重心を引き上げ押し出します。肘や頭で相手の胸に打撃を加えて吹っ飛ばす形式だと、痛みや怪我のリスクがありますが、これだと怪我させず崩しと誘導の感覚が理解で …

no image

猛ラッシュの投げを回避する

以前は先生の投げを一発も耐えられず、投げられていました。今は、毎日のような猛稽古のおかげで、数発連続で仕掛けられても、耐えることができています。ただし、そこから押し出しのコンビネーションを使われると、 …