「 台湾 」 一覧

no image

悶絶裏投げ

固い床に薄いマット1枚ということもあるのですが、この投げは結構痛く、無防備で食らうと声が出なくなります。上半身を背面の斜め下に崩しつつ、踏ん張ってる足を腰ごと刈り取るので、この技を知らない人だと頭から …

no image

師による易簡太極拳

私も先生も、あまり太極拳について触れないので、詠春しかやってないのに推手と誤解される人もたまにいますが、易簡太極拳を修練しています。亜流と馬鹿にされることもありますが、いい太極拳です。不器用な私でもつ …

no image

師の模範による対人練功

私の先生による、対人練功の紹介動画です。一見単純な動きに見えますが、相手の出方に変化を加えたり、受けと取りに分けたりと、いろんなやり方があります。この練功をやっておくと、安定性が格段に良くなります。h …

no image

私の夢

台湾は競技推手が中学や高校の部活にあり、大会なども多く実施されているのですが、すごくうらやましいと感じています。今すぐには無理ですが、将来的には日本にも競技推手部を普及させたい、そして台湾の強豪校相手 …

no image

デッドリフト

怪我防止のため、極端に高重量でやることはなくなりましたが、デッドリフトは大好きです。体重が増やせるし、体重差を埋めるために取り入れています。 pic.twitter.com/1KMGHmydi0 &m …

no image

30キロダンベルスナッチ

30キロスナッチやりました。挙げるのは簡単だったのですが、頂上でキャッチするのがケトルベルと勝手が違い、その点が難しいです。調子に乗って35キロやろうかと思いましたが、キャッチが不安定で事故るとヤバい …

no image

円回転のチーサオ

接点に縦回転の円を加え、相手を無力化する技術です。動画でも説明していますが、推手だと円回転を与えて吹っ飛ばすか吸い寄せれば済むのですが、チーサオでやる場合、影響を与える力の方向をかなり繊細に操らねばな …

no image

推手の仕組みをチーサオで

反発する力を利用して誘導したり、硬直をタイミングよく誘発させて崩したりということを繰り返して詰め、抵抗のできない絶対的優位性を取っていきます。推手でやっていた仕組みと感覚を、チーサオの中でうまく体現す …

no image

投げ終わりを狙う、裏の裏

投げたと思っても、実は返し技に持っていかれていることも多いです。数発やられると、結構スタミナをロスします。投げ技を仕掛け終わったタイミングが一番無防備になるのですが、この時点で今先生はよく技をかけてき …

no image

発力、兄弟弟子へ

以前練習風景でも、アップした吹っ飛ばす技術です。吹っ飛ばされたとき、うまくバランスを取りながら威力を消していかないと耐えられず転がります。加減してやられても、想像しているよりもかなりビビるぐらい威力あ …