世界大会 推手

世界大会、ヤングチャンピオンとの激戦を振り返る。

投稿日:

この動画の相手は、台湾では名門団体でほぼ各階級優勝を根こそぎ持っていく、エントリーしたらその参加階級の選手は皆顔が青ざめる、そんな団体でも若手でブイブイ言わせている優勝歴の多いいわゆる強豪です。

この大会の前に国体があり、ここでも入賞を果たし、優勝は先輩に譲った、それだけのことで実力的には実はかなり脅威でした。

動画を見て分かるのですが、私は圧勝しました。それはなぜかというと、彼の国体の試合を全部見て対策を練っていたからです。

夢に出てくるまでずっと対策を練りに練って練りまくりました。

普通の選手は、あの上段に構えたやり方で腕を抜かれ何もできずに終わります。

腕を抜く力と速さが並大抵ではないのです。

一見上段に構えると不利になるんじゃないかと感じるのですが、彼にとっては基本スタイルで、一気に腕ごと体を持っていかれます。

私はこの対策を徹底的に考えに考え抜きました。

人の腕は伸ばし切り力を出しつくすギリギリのときが、一番抜き技に弱いのです。

なので私はギリギリの手前または腕を出さない、または腕を出しても全力で推したりしない、腕をつかんだら、中心の位置に誘導する、こういったランダム的なパターンを数個作り、彼を体感的にかき回しました。

戦術の効果でこのように圧勝することができたわけですが、基本パターンで戦ったら逆の結果となっていたと思います。

競技推手は一見ただの押し引きと誤解されがちですが、実は0.何秒の間のせめぎ合い、探り合い、誘い合い、誘導、硬直そして技術につなげる等々、かなり奥深いです。

特性を分析し戦術を練るなどを含めたらそれはそれは、まるで戦うチェスとでもいうような、それほど細かいことが要求されるものです。

この奥深さに魅了され、私はいい年したおっさんですが、妻に体を壊すから心配なのでやめてほしいとと言われながらも、血反吐をはくような努力を日々繰り返し、大会にいつも備えているのです。

 

-世界大会, 推手
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2021 4 13老師と自由推手⑥

先生と自由推手です。腰を高めにして、斜め下から一度ガツンとぶつかられてから対応することを狙っています。このテーマはハンデと変わらないのですが、最近少しずつ克服できてきました。できないことを1つ1つでき …

no image

推しへの対方法を兄弟弟子に指導

相手が推してきた接点に硬直して反応すれば、容易に押し込まれ崩されます。かといって硬直しないで無防備でいると、不安定な姿勢に追い込まれます。この問題を解決するには、押し込まれた部位は影響を受けないように …

no image

脇取り技への質問回答動画

「脇取り技にどうしたら対処できますか」と質問があったので、動画を作りました。脇を取られた瞬間に、力んで抵抗すると崩される確率が高くなります。対処法は、字幕に載せました。硬直しないで動く感覚作りにも、脇 …

no image

チューブ打ち込み

チューブを使い練功もやるし、打ち込みもやります。相手がいなくても、投げ技と身体開発ができるので、チューブは秀逸な道具の1つです。動画でやっているのは活歩推手の投げ技の1つ+全身連動訓練です。1人でも工 …

no image

2022 2 17胸使いでまける超精彩

先生と自由推手です。 2人ともに、胸推し3方向に対する罠を仕掛けています。 小さな動作で胸推しを無力化して、その動きと力を利用します。 私の方が、先にその罠に引っかかって重心が浮かされ、腰砕けにされま …