「 世界大会 」 一覧

no image

チューブ打ち込み

チューブを使い練功もやるし、打ち込みもやります。相手がいなくても、投げ技と身体開発ができるので、チューブは秀逸な道具の1つです。動画でやっているのは活歩推手の投げ技の1つ+全身連動訓練です。1人でも工 …

no image

日本版競技推手ルールブックのリンクです。

推手規則_日_ SNSで毎日発信しているので、問い合わせもちらほらと来るようになりました。 指導場所と競技推手のルールについての問い合わせが一番多いので、これを機に再度、私と妻が台湾の正式なルールを四 …

no image

らせん指導

最初は接点の面積をより増やし接面に変えることで、より楽に崩す技術を教えている風景です。後半では、接点への小さな圧を維持し、らせんの動きを加え、なでるような力で、容易に崩しています。魔法のようなものなの …

no image

140キロ、指導風景

仲間が強くなると、一緒に練習する自分ももっと強くなれる。先生から習った大事な事の1つです。相手の力を利用する技と身体操法を、140キロの兄弟弟子に教えてみました。私程度だと浮いて吹っ飛びます。これをラ …

no image

胡坐推手

胡坐推手です。座ってやることで安全性がより高くなりますが、普通に推したり引いたりしても崩れないので、より難しくなります。首、鎖骨、喉、頭を接点にすれば容易なのですが、それは禁じ手とするので、最小限の力 …

no image

台湾の日常、先生との投げありチーサオダイジェスト

私の先生を自慢したくて、ダイジェスト動画を作りました。推手では渡り合えますが、投げありチーサオでは、まだまだ先生の強さに届きません。連結、無力化、誘導、崩し、この流れの攻防を仕掛けるタイミングが神がか …

no image

2019年12月最重量級チャレンジ140キロ対85キロの決勝戦

昨年12月に挑戦した台湾全国大会、最重量級チャレンジ。85キロ対140キロの決勝戦前半後半をダイジェスト版にし、感想を字幕に入れて編集しました。一言で言うと、体重差55キロは超重たかったです。http …

no image

バランス力と膝関節蹴り

大病を患っていたときは、片足立ちで数秒立つことすらできなくなり、当時は絶望していました。それから10数年たち、病気を発症する前と同じぐらい回復した気がします。バランス力は、競技推手をやる上で絶対不可欠 …

no image

チーサオ得意技一例

詠春拳で私が得意にしているコンビネーション一例を、木人、対人、サンドバッグで紹介する動画を作りました。詠春拳は点の崩しを維持しながら、さらに打撃や崩しを加えて相手をコントロールするので、競技推手とすご …

no image

最前線にいるからこそできること

私は台湾に10年以上住んでいます。 その生活の中に競技推手があり、週に5回ほど対人練習をしています。 練習相手は国体選抜者入賞経験者が多いです。 競技推手は、国体の種目でもあり、賞金が出る上に選抜選手 …